toggle

Blogブログ

【タバコがもたらす影響とは?】

こんにちは♪( ´▽`)

 

ホワイトニングサロン福岡天神店格安3回4,980円です☆☆

 

タバコと歯の関係で皆さんがまず思い浮かべるものはなんでしょうか。

ヤニによる着色汚れが真っ先にあがるのではないかと思います!

でも、実はそれだけでは無いんです。

タバコによって引き起こされると言われている、着色汚れ以外の影響についてご紹介します。

 

〜タバコを吸うと歯が抜けやすくなる?〜

喫煙者は非喫煙者に比べると歯が抜ける確率や抜ける本数が増える可能性があると、

多くの歯医者が指摘しています。

口内にこびりついたヤニが病原体の温床にもなりえるからです。

タバコを吸うと歯垢が付きやすくなり、その結果歯肉が炎症を起こしやすくなります。

しかも、ニコチンなどの影響で血行が悪くなっているので、炎症が起こっているにもかかわらず気づけない人が多いとのこと。

歯肉炎が進行すれば歯周病が進み、歯を失うという結果を招いてしまうことにもなるのです。

そして、喫煙者は非喫煙者と比べて、歯周病治療やインプラントなどの手術後の治りも悪いという傾向もあると言われています。

 

〜ヤニを溶かすような歯磨き〜

歯に付着したヤニは、歯磨きで取り除くことができます。ただし、その際には歯のエナメル質を傷つけないように、優しく磨く必要があります。

歯を磨く際は、力をこめずヤニを優しくとかす薬用成分の入った歯磨き剤を使いといいと思います!!

 

 

 

当店は、喫煙者も多くの方が通ってくださっています( ^ω^ )

ホワイトニングで、白い歯にしてより好印象にしてみませんか?

 

当店はLINEからもご予約受け付けております!♪( ´▽`)

 

LINE【klb5910y】