toggle

Blogブログ

【タバコと歯周病の関係性】

こんにちは( ^ω^ )

 

ホワイトニングサロン福岡天神店格安3回4,980円です☆

 

 

現在、日本にはどのくらいの喫煙者がいるか、皆さんご存知ですか?

実際には、年々喫煙者数は減少しているのですが、現在成人の約8割が歯周病罹患者、または予備軍と言われている時代だからこそ、喫煙と歯周病の関係性について、学びましょう♪

 

まず、タバコを吸う事自体が歯周病の原因になるのか?

 

 

喫煙は歯周病の直接的な原因にはなりません。

 

 

歯周病は(歯石)プラークが歯茎に付着することにより起こる病気です。

 

しかし、歯周病に罹ってしまった人が喫煙していた場合は、喫煙が歯周病を悪化させることになてしまうのです。

では、タバコの成分がどのように口の中に悪影響を与えるのでしょうか?

 

①タバコの煙に含まれる「一酸化炭素」
組織への酸素供給を防げます。

 

 

②「ニコチン」

一種の神経毒で、血管を縮ませるので、歯茎が酸欠・栄養不足状態になります。

このせいで、歯茎が腫れにくくなったり、出血しにくくなる為、歯周病に罹っても病気が現れにくい歯茎になってしまいます。

 

その他、ニコチンは体を守る免疫の機能も狂わせるので、病気に対する抵抗力が落ちたり、アレルギーが出やすくなります。

 

 

③「ヤニ」

歯の表面にヤニが沈着すると、歯がザラザラして歯垢が張り付きやすくなります。

その上、沈着したヤニから、いつまでも口の中や歯肉にニコチンが染み出し続けてしまいます。

 

 

歯周病は、歯垢の中に住む細菌によって起こる病気です。

歯周病を治すには、まず歯垢(プラーク)コントロールが第一です。

 

 

 

皆さんで、歯周病予防して健康な歯にしていきましょう( ^ω^ )

 

 

 

 

当店は、お電話・LINEからもご予約受け付けております(^ ^)

 

TEL092-762-5678

 

LINE【851gthyx】