toggle

Blogブログ

【歯垢(プラーク)と歯石の落とし方】

みなさん、こんにちは!

 

 

ホワイトニングサロン福岡天神店です(^O^)

 

 

 

 

歯垢(プラーク)とは、

細胞のかたまりであり、放っておくと虫歯や歯周病を引き起こします。

 

歯垢(プラーク)が残りやすいところに注意してしっかりと取り除いていきましょう!

 

 

 

残りやすいところ

奥歯、歯の間、歯茎との境目などは特に付着しやすいため、しっかりと歯磨きして除去しましょう!

 

 

除去方法

歯垢は、歯の表面に強く付着しているので、うがいだけでは取れません!

 

なので、自分に合った歯ブラシやデンタルフロス(糸ようじ)などを使ってしっかり取り除きましょう。

 

特に、歯と歯の間は歯ブラシの後にデンタルフロスを使うと、歯垢の除去率が役1,5倍になるそうです。

 

また、歯垢を残さないために、染め出し液を使ったり、定期的に歯科医院での歯のクリーニングをしてもらったりしましょう!

 

 

 

 

歯石とは、

歯垢(プラーク)が石炭化したもので、主に歯と歯茎の境目につく灰白色の石のような硬いかたまりです。

 

 

 

歯石が付きやすいところ

歯石は下の前歯の裏側や上の奥歯の外側など、唾液腺の近くにある歯につきやすい傾向があります。

歯石は1度付着すると歯磨きでは落とすことはできないので、歯石になる前にケアをすることが大切です。

日頃から、この部分を意識しながら歯磨きし、歯石の元である歯垢(プラーク)をしっかり除去しましょう!

 

 

 

除去方法

もしも歯石がついてしまったら、歯科医院で早めに取り除いてもらいましょう!

かかりつけの歯科医に定期的に検診をしてもらうことをお勧めします。

 

 

 

 

当店のご予約はLINE、TELからm(_ _)m

 

LINE       851gthyx

TEL        092-762-5678