toggle

Blogブログ

【気づきにくい歯周病サイン】

こんにちは(^O^)

 

ホワイトニングサロン福岡天神店格安3回4,980円

です☆☆

 

タバコを吸う方要注意

喫煙していると歯周病サインに気づきにくい

 

 

タバコを吸っている人のお口のお悩みとしてよくあるのは、歯にこびりつくヤニや口臭などですが、実はタバコは見えないどころでも歯に影響を及ぼしています。

 

 

喫煙は歯周病の最大の危険因子?

 

歯周病を直接引き起こすのは、お口の中の歯周病菌でそれが歯の周囲にプラークという形になって増殖した場合に初めて発症します。

 

統計によると、タバコを1日に10本以上吸う人は歯周病にかかるリスクが5.4倍、そして10年以上喫煙している人に関していえば、4.3倍にも高まるという結果が出ています。

 

また、いずれの場合も歯周病が悪化して重症化しやすいことがわかっています。

 

 

喫煙がお口に与える悪影響

 

◎ヤニがこびりつく

歯の表面にヤニ(タール)がこびりつきます。ヤニは一度つくと、なかなか取り除くことが困難で、そのベタベタした表面にプラークや歯石が溜まりやすくなります。

 

◎歯周病が発症・進行する

ニコチンは免疫機能も狂わせてしまうため、病気に対する免疫力が低下したり、アレルギーなども起こしやすくなります。また、タバコを吸うことによって、唾液の分泌も落ちてしまうため、口の中の唾液による自浄作用や免疫作用なども落ち、それによっても歯周病リスクが高まります。

 

◎口臭がひどくなる

タバコを吸うと、タバコそのものの匂いがお口にこびりつくのはもちろんのこと、タバコによって悪化した歯周病の匂いが混ざり、ひどい口臭となって外に出てしまうことが珍しくありません。

 

◎歯茎や唇の色が悪くなる

歯茎の血流が悪くなったり、ニコチンがビタミンCを破壊することによってビタミンCのメラニン細胞増殖抑制効果が働かなくなるので、歯茎や唇のメラニン色素が増え、どす黒く変色して不健康な見た目になってしまいます。

 

 

喫煙していると歯周病のサインがわかりづらく、治りにくい

◎歯茎の出血や腫れが起こらなくなる

◎歯茎が黒くなって炎症状態がわかりづらくなる

◎歯周病の治療を行っても治療効果が出にくい

 

 

当店は、お電話やLINEからもご予約受け付けております!!

TEL092-762-5678

LINE【851gthyx】