toggle

Blogブログ

【あなたは知ってる?歯周病ケア】

こんばんは(^O^)

 

ホワイトニングサロン福岡天神店格安3回4,980円です☆☆

 

歯周病ケア5つの常識

 

歯周病ケアについて知っておくべき5つのポイントを分かりやすくクイズで紹介させて頂きます。

 

 

【第一】歯と歯茎の間には隙間がある?

歯と歯茎の間って、ピッタリ密着しているように見えるけど、

隙間なんてあるのか?

 

【第二】歯周病が進行すると、、、歯が抜ける?

よく「歯周病を放っておくと歯が抜ける」という話を聞いたりするけれど、本当なのかな?

 

【第三】歯周病菌は殺菌できる?

歯周病菌って、歯周ポケットのなかで繁殖するんだよね。

そこを殺菌するのは難しいのかな。

 

【第四】歯周ポケットの汚れは自分でケアできる?

歯周ポケットって、すごく狭い!

やっぱり歯科医院に行かないとケアできないのかな?

 

【第五】歯周病菌を寄せ付けないようにできる?

もし歯周病菌を寄せ付けないようにできると嬉しいですよね!

そんなことはできるのかな?

 

正解は...

 

 

 

 

【第一】YESです。

歯と歯茎の間にある隙間。それが「歯周ポケット」です。

歯の表面だけではなく、歯周ポケットもきちんとケアしないと、歯周病プラークができて、歯周病を引き起こしてしまいます。

 

【第二】YESです。

歯周病は、痛みや見た目の変化はほとんどないまま、徐々に進行する病気なので、ついつい対策が疎かになります。

症状が現れないうちから予防することが大切です。

 

【第三】YESです。

浸透殺菌作用のある薬用成分IPMPが配合された歯磨きやデンタルリンスを使用してみましょう。

 

【第四】YESです。

歯周ポケットは、狭く深いため、通常の歯ブラシでは汚れを落とすのは難しいです。

しかし「超極細毛」の歯ブラシを使用すれば、毛先が歯周ポケットの奥まで無理なく入るので、汚れをかきだすことができます。

 

【第五】YESです。

コーティング剤の配合によって薬用成分IPMPが歯周ポケットに歯周病菌を寄せ付けないようにする効果を発揮します。

歯磨きやデンタルリンスを選ぶ際にチェックしてみましょう。

 

正しい歯周病ケアを実践してみましょう!!

 

 

 

 

当店は、お電話やLINEからもご予約受け付けております!

 

TEL092-762-5678

 

LINE【851gthyx】