toggle

Blogブログ

【抜かないとダメ?親知らず】

こんにちは

 

 

 

ホワイトニングサロン福岡天神店格安3回4,980円です。

 

 

 

 

 

 

みなさん、親知らず生えてますか?

もちろん抜いた人もいらっしゃると思います。

私は抜いていませんが・・・

でも抜いた方がいいって聞いたりしますよね?

私の友達も抜いていました。

 

そこで、今日は親知らずってやっぱり抜いた方がいいのか、書いていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

まず、親知らずとは?

 

 

 

 

 

私たちは上に16本、下に16本で合計32本の歯が生えていますが、そのうち上下左右の一番奥に生えてくる4本の永久歯が「親知らず」と呼ばれるものです。

親知らずを除いた28本の永久歯は、およそ15歳前後で全て生えそろいますが、最後の4本だけ生え揃うのが18〜20歳頃と遅いため、「親に知られることなく生えてくる歯」という意味で「親知らず」と名前がついたようです。

 

 

 

 

 

 

 

抜くべきか抜かなくてもいいのか、その基準は?

 

 

 

 

 

親知らずも大切な永久歯なので、絶対に抜いた方がいいというわけではありません。

基準としては、横向きや斜め向きの親知らずは抜いた方がいいです。

親知らずの最大の問題は他の永久歯のようにまっすぐ生えてくることが少ないという点です。

一番奥に位置する親知らずは生えるスペースが限られており、顎の骨が小さい人ほど生えづらくなります。

歯はまっすぐに生え、上下でちゃんと噛みあってこそ機能を果たすことができるため、歯茎に埋まったままの親知らずや、変な方向に向いた親知らずは本来の歯の機能を果たすどころか、周囲に悪影響を及ぼしているので、抜いた方がいいといえます。

 

 

逆にいえば、まっすぐに生えて、しっかり噛み合っているのであれば抜く必要はありません。

 

 

 

 

親知らずでもちゃんと生えていれば抜く必要はないんですね!

 

 

 

 

 

ご予約はこちらから

TEL092-762-5678