toggle

Blogブログ

【コーヒーで歯が着色する要因】

 

 

皆さん、こんばんは!

 

ホワイトニングサロン福岡天神店です☆

 

 

コーヒーは茶白いので、その色が、そのまま歯についていると思われがちですが、詳しくは、その思い込みは正しくはありません!

 

 

歯の表面には、たんぱく質から出来ているペリクル層という薄い膜があります。

ペリクル層には、歯の表面のエナメル質を保護したり、虫歯菌が作る酸によって歯が負ったダメージを再石灰化で修復したりする役割があります!!

 

このペリクル層は、食事をする際に、口内環境が酸性が強くなることで溶けていきます。

 

 

しかし、30分すると唾液の働きで酸性だった口内が中性に近い状態へ戻ります!

そして、一時的に溶けてしまったペリクルが再び歯の表面を覆い始めるのですが、この時に、口の中に飲食物の着色成分が残っていると、歯の表面に付着したままになります。

 

 

一回の着色は非常に少ないものになりますが、これが日頃積み重なっていくと、歯磨きなどの自己ケアでは、落としきれないステイン汚れになります。

 

 

そういったことを防ぐためにも、こまめに歯磨きをしたり、

うがいで流して、お色を綺麗に保ちましょう!!

 

 

 

 

また、歯の着色が気になる方は、当店へお気軽にご相談ください♪

 

 

ご予約などはLINEからも可能です!!

 

【LINE】851gthyx