toggle

Blogブログ

【歯茎から血が!出血の原因とは】

こんばんは( ^∀^)

 

ホワイトニングサロン福岡天神店格安3回4,980円

です☆☆

 

〜歯茎の出血の原因〜

歯茎からの出血にはいくつかの原因が考えられます。

 

①大きな虫歯があり歯茎の中まで進行している

②歯の被せ物がうまく合っておらず、歯茎が圧迫している

③歯肉炎や歯周病など歯茎の病気で、歯茎が炎症を起こしている

 

虫歯や被せ物が原因の場合、出血が特定の場所からしか起きないのが特徴です。

3つの原因の中で特に多いのは炎症箇所からの出血です。

 

実は歯茎からの出血の原因のうち、90%以上が歯周病によるものなのです。

 

歯磨きが不十分な場合、歯垢が歯茎と歯の間にたまり、歯垢に付いている細菌が歯茎に侵入しようとします。

細菌の侵入を防ぐために、血液が積極的に白血液を歯茎に集めます。

 

血流がたまり、炎症を引き起こし、歯肉炎や歯周病となります。血液がたまった炎症箇所は刺激に弱く、歯磨きなどの刺激を加えることによって、出血します

 

歯茎の病気段階

 

歯茎の病気には様々な種類があり、

いずれもお口の健康に影響を与えます。

治療しないで放っておくと、種類によっては、がん、糖尿病、心疾患のリスクが高まることもあります。

 

歯茎の病気の中でも最もよく見られる2つの病気、歯肉炎の症状、リスク、そして、治療そしてそれが進行した歯周炎の症状、リスク、治療について知っておくことが大切です。

 

歯肉炎は、最もよく知られている歯茎の病気の1つです。

 

歯肉炎は、細菌を含む歯垢が歯や歯茎に蓄積することで進行をします。蓄積された歯垢から放出される毒素によって歯や歯茎が次第にダメージを受け、過敏になって炎症を起こして腫れます。

 

歯肉炎が長引くと、さらに深刻な症状へと進行します。

 

放っておくと、さらに危険な歯茎の病気である歯周炎になる場合があります。

歯を支える骨が歯茎の病気によって感染し破壊され、歯を失ったり、歯茎から血がでたり、または口臭が発生したりすることがあります。

 

 

歯茎の病気の危険因子

 

自宅で正しいお口のケアを行わなければ、歯周病が進行するリスクが高まります。

歯茎の病気は、ブラッシングとは関係のないその他の因子によって起きることもあります。

例えば、喫煙者には歯肉線に沿って症状がよく見られます。実際、喫煙者はタバコ吸わない人より2倍も歯周病になりやすいのです。

体の変化も歯周病の原因となります。妊娠によるホルモン量の変化により、妊婦の60~70%は歯周病を経験しています。

 

 

歯茎の病気についての質問

 

Q歯茎の病気はどのようにして現れますか?

 

A歯肉炎、そしてそれが進行した歯周炎は、歯肉線にそって歯垢が蓄積することで起こります。

軽度な歯茎の病気のうちはじかく自覚症状がないかもしれませんが、知覚過敏や、歯茎からの出血、腫れという症状が前兆としてよく見られるため、早めに対処する必要があります。

 

Q歯茎の病気は治せますか?

A歯茎の病気は治せます。

されに、予防もすることができます。

そのためには、1日2回、2分間ブラッシングし、毎日フロスをして、歯肉炎対策のマウスウォッシュでしっかりと口をゆすぎましょう。

 

日頃の歯磨きを気をつけて、歯垢除去することが重要です!

 

 

 

 

当店はお電話やLINEからもご予約受け付けております☆

TEL092-762-5678

LINE【851gthyx】