toggle

Blogブログ

【虫歯の進行度合いによる痛みの違い】

 

 

みなさん、こんにちは!

ホワイトニングサロン福岡天神店です☆

 

今日は、虫歯の進行度合いによって生じる痛みの違いについてです!

 

下の文章を読んで皆さんも当てはまるところがないか

一緒に確認していきましょう!

 

・自覚症状は感じない

→エナメル質だけの初期の虫歯は全く自覚症状がない。この段階で早期に治療を受けるのが理想。

 

・甘いものがしみる

→初期の虫歯は、浸透圧の関係で、まず甘いものがしみるということがある。

 

・冷たいものがしみる

→虫歯が象牙質に達している状態。虫歯が象牙質に達して初めて自覚症状が現れる。

 

・熱いものがしみる

→歯髄(歯の神経)のところまで、達して炎症が起きている状態。かなり虫歯が進行している。

 

・何もしないでも痛みがある

→非常によくない状態。この状態に麻酔が効きにくくなる。

 

・長い間続いていた痛みが治ったので、そのまま放置している

→痛みを感じる神経自体が虫歯により壊死した状態。この段階を放置すると、やがて根っこのところに膿が溜まり、その後、激痛を生じやすくなる。

 

虫歯が進行するほど、痛みも強くなり、治療も困難になります。。。

 

そういった事を防ぐためにもに、日頃から、

食後に必ず、正しい歯磨きで予防していきましょう!!

 

 

 

当店のご予約は、ラインからも承っております♪

【LINE】851gthyx