toggle

Blogブログ

【たばこが歯に与える悪影響・・・】

 

こんにちは!

 

ホワイトニングサロン福岡天神店です☆

 

皆さんは、たばこが、口内に与える悪影響といわれて、何が思い浮かびますか?

 

一番最初に思い浮かぶものは、ヤニによる着色汚れではないでしょうか?

 

もちろん、喫煙されている方は、そうでない人に比べると

たばこのヤニによって歯が凄く黄ばんでしまったり、濃い着色を起こしてしまったりします><

 

しかし、たばこが口内に与える悪影響は、それだけではないのです!

 

 

たばこの中には、1,000をも超えるほどの化学物質が含まれており、

その中でもニコチンを始めとした、約200~300の化学物質が

人体に有害なものと言われています!

中でも、一酸化炭素は、組織への酸素供給を妨げてしまいます。

また、ニコチンは血管を縮ませるため、歯や歯茎に十分な酸素が行き届かなくなってしまいます。

 

そして、付着したヤニは、多くの有害物質を含み、

歯や歯茎の表面に残るため、いつまでも有害物質が供給されてしまうという意見もあります。

 

 

たばこを吸うと歯垢もつきやすくなり、その結果、歯肉が炎症を起こしやすくなります。

しかも、ニコチンなどで血行も悪くなっているので、炎症が起こっているにも関わらず、

気づけない人が多いといいます。

 

歯肉炎が進行すれば、歯周病が進み、最悪の場合歯を失うという結果を招いてしまうことになるでしょう。

 

 

喫煙者は、そうでない人に比べると、

歯が抜ける確率や抜ける本数が増える可能性があるというのも納得できますね・・・

 

 

歯に付着してしまったヤニは、歯磨きで取り除くこともできます◎

 

ただし、その際には、歯のエナメル質を傷つけないように優しく磨くよう心がけましょう!

 

また、定期的に歯医者さんでのクリーニング

専門機関でのホワイトニングをお勧めします!

 

 

当店のホワイトニングは、喫煙者の方でも止めることなく

綺麗な歯をお求めいただけます!!

 

 

 

お問い合わせや、ご予約は、お電話やLINEから承っておりますので

お気軽にご連絡ください♪

 

【TEL】092-762-5678

【LINE】851gthyx