toggle

Blogブログ

【知覚過敏の症状について詳しく!】

こんにちは( ^∀^)

 

ホワイトニングサロン福岡天神店格安3回4,980円

です☆☆

 

知覚過敏について

特定の飲み物や食べ物によって歯がシミたことがありますか?

それは、知覚過敏症状かもしれません。

 

どうして歯がシミるのか

突然歯がシミるなどの症状を感じている人はたくさんいますが、歯の痛みには、

知覚過敏症状だけではなく様々な原因があります。

 

知覚過敏の症状と他の歯の痛みの原因についてご説明します。

○知覚過敏症状の誘発要因

○虫歯を含む歯の痛みの原因

 

知覚過敏症状の誘発要因

知覚過敏の症状には、次のような刺激によって発生することがあります。

◎冷たい物

◎熱い食べ物や飲み物

◎甘い物や酸っぱい物

◎冷たい空気

◎歯磨き

 

虫歯を含む歯の痛みの原因

虫歯

虫歯の痛みは知覚過敏と痛みが似ています!

虫歯は、歯垢内部の細菌が、食べ物や飲み物に含まれている糖質から酸をつくる原因で発生します。

ここで作られた酸は次第にエナメル質や象牙質を柔らかくして溶かします。

フッ素配合の歯磨きで毎日歯磨きすることで、強い歯をつくり、虫歯を予防します。

 

歯がシミる原因とは?

知覚過敏症状とは、歯の内側にある柔らかい【象牙質】が露出してしまうことで発生します。象牙質は歯のエナメル質の内側にある組織です。

 

象牙質には無数の象牙質管が歯の中心に向かって伸びています。

象牙質がむき出しになると、外部からの刺激が象牙細管を通って歯の内側の神経に伝わり、結果として瞬間的に鋭い痛みを感じるようになります。

これが知覚過敏の痛みの特徴です。

 

 

知覚過敏の主な二つの原因

☆エナメル質の摩耗

エナメル質は歯の外側、表面を覆う硬い組織です。

体の中で一番硬い組織ですが、時間の経過と共に摩耗することで内側の象牙質が露出してしまうことがあり、これが知覚過敏症状の原因になることがあります。

 

☆エナメル質の摩耗の原因

①過度な歯磨き

歯を頻繁に磨きすぎたり

強く磨きすぎることで起こります。

 

②歯ぎしり

歯ぎしりはエナメル質を摩耗し、

やがて内側の象牙質を露出してしまいます。

 

③酸蝕歯

食べ物や飲み物に含まれる酸によって、

歯のエナメル質は徐々に摩耗していきます。

これを酸蝕歯と呼びます。

 

歯茎の後退

健康な歯茎は、健康な歯の基本です。

歯茎の後退が進行するにつれ、象牙質が露出してしまうことがあります。

 

☆歯茎後退の原因

①過度な歯磨き

毛先が固い歯ブラシも歯茎後退の

原因になることがあります。

 

②歯周病

口臭や、歯茎が赤くなる、腫れる、出血

するといった症状が含まれます。

 

③加齢

多くの場合、加齢に伴って

歯茎は後退します。

 

 

知覚過敏の継続的なケア

お口ケアのアドバイス

 

◎知覚過敏を防ぐ歯磨きをしようする

 

◎よりやわらかな歯ブラシを使用する

歯を強く磨きすぎないよう、柔らかい歯ブラシを使用する。

◎歯ぎしり予防

歯ぎしりをされる方、、または朝起きた時に歯がしみる方は、出来るだけ早くの

歯科医院にご相談することをお勧めします。

◎毎日歯ブラシとフロスを行う

歯磨きやフロスを使ってお口の中を清潔に保つことは、

歯茎の後退を引き起こす歯周病予防に有効です。

これは、歯茎の後退で起こる知覚過敏の呼ぶにもつながります。

◎歯を頻繁に、強く磨きすぎない

歯を強く磨きすぎたり、頻繁に磨きすぎたりすると、歯茎の後退や歯のエナメル質の摩耗のつながることがあります。

これらは、象牙質の露出につながり、結果として知覚過敏の原因となる場合があります。

◎歯科医院で定期的な検診を受ける

 

日々のケアを心がけて行っていきましょう!

 

 

 

当店は、お電話やLINEからもご予約受け付けております!

TEL092-762-5678

LINE【851gthyx】