toggle

Blogブログ

【歯科技工とは?】

こんにちは☆

 

 

ホワイトニングサロン福岡天神店です。

 

 

 

 

本日は歯科技工について書いていきたいと思います。

 

 

 

 

歯科技工とは

 

失われた歯の形や機能を回復し、見た目を損なわないようにすることを歯科技工と言い、そのための製作物が歯科技工物です。歯科技工士が歯科医師と連携し、患者一人ひとりに合わせてさまざまな歯科技工物を提供し、長い一生の色々な場面で患者の歯と口の健康を支えてくれています。

 

歯科技工物には、虫歯の治療で行われる詰め物や土台、被せ物、ブリッジなどの「歯冠修復物」と入れ歯と呼ばれる「有床義歯」、歯並びを治すための「矯正措置」、人工歯根を埋め込んで失われた歯を修復する「インプラント技工」、白く美しい歯のための「ホワイトニング用マウスピース」などがあり、その技法や技術はどんどん進化しています。

 

 

 

 

保険診療と自由診療

 

詰め物、被せ物、ブリッジ、入れ歯にはそれぞれ金属やプラスチック、セラミックなど様々な材料があります。そして材料や適応箇所により、保険適用のものと適用外いわゆる自由診療のものが細かく定められています。

 

例えば、保険診療では前歯は見た目を白くするためにプラスチックを使うことができますが、奥歯基本的に金属冠しか認められていません。

 

またセラミック素材はすべて保険適用外となっています。「矯正措置」「ホワイトニング用マウスピース」や、またほとんどの場合「インプラント技工」にも保険は適用されません。

 

保険は国民全員が「最低限の治療」を受けられるようにする制度なので、審美目的や予防目的での歯科治療に関しては、保険ではカバーされていないのが現状です。材料にも治療法にもそれぞれメリットやデメリットがあるので、しっかり歯科医師と相談して口の状態や自分の価値観やお財布とも相談して決断してください。

 

 

 

 

 

 

ホワイトニングサロン福岡天神店では、お客様に安心してケアして頂くために、衛生面をより徹底して営業しております。

少しでも歯を白くしたい方、歯の黄ばみが気になる方、ご来店お待ちしております。

質問だけでももちろん可能です!

 

 

 

 

 

ご予約はこちらから

 

TEL 092-762-5678