toggle

Blogブログ

【歯茎が下がる原因?チェックやケアの仕方】

こんばんは(^O^)

 

ホワイトニングサロン福岡天神店格安3回4,980円

です☆☆

 

 

鏡を見た時に「歯茎が下がってきた?」「歯が伸びた」などと感じたことがある方もいるのではないでしょうか。

何らかの原因により、歯茎が下がってしまう歯肉退縮が起こっている恐れがあります。

歯茎が下がる原因は、病気から日常の癖、過去に受けた治療の原因の影響など様々です。

 

 

◎歯茎が下がる原因は?

 

①加齢によるもの

年齢を重ねると、お肌と同じようにお口の中も変化します。

歯茎は年齢とともにハリを失って、自然と下がってきます。

その為、歯と歯の間に隙間ができたり、歯の根の部分が露出したりします。

 

②歯周病が進行している

歯周病にかかり症状が進行すると、細菌の毒素によって(歯槽骨)という歯を支えている骨の部分が溶けてしまうケースがあります。歯槽骨が溶けて少なくなっていくと、その上にのっている歯茎も下がります。

 

③歯茎の一部に力がかかりすぎている

日常の癖で歯ぎしりやくいしばりをしていたり、噛み合わせのバランスが悪かったりすると、一部の歯だけに強い力がかかります。

こうした負担がかかっている部分の歯茎は、少しずつ下がって行きます。

 

④矯正治療の影響

矯正治療で歯を動かすと、歯槽骨にも呼吸と発生が起こり、歯の移動に伴って動いて行きます。

しかし、動かす力の加減によって歯槽骨がついていけずに減ってしまうことがあり、歯槽骨に残っている歯茎も下がります。

特に前歯の歯槽骨は薄く、前歯の矯正治療をおこなうと動かす方向によっては歯茎が下がります。

 

⑤間違ったブラッシング

ブラッシングするときに、下記のような磨き方をすると歯茎が下がることがあります。

 

・強い力で行なっている

・硬すぎる歯ブラシを使っている

・毛先が痛んだ歯ブラシを使っている

間違ったブラッシングを続けるていると、歯の根の表面も削ってしまいます。

 

 

日々の生活から予防しましょう♪

 

 

 

当店はお電話やLINEからもご予約受け付けております☆

 

TEL092-762-5678

LINE【851gthyx】