toggle

Blogブログ

【歯の神経がなくなると変色する理由とは!?】

 

 

みなさん、こんにちは☆

 

ホワイトニングサロン福岡天神店です♪

 

 

歯の神経がなくなること(失活歯)で起こる変色について

 

なんとなく知っている方は多いのではないでしょうか?

 

では、なぜ変色が起こるかはご存知ですか?

 

 

通常、生きている生活歯と言われる歯と

 

死んでいる失活歯と呼ばれる歯では、色の原因部分が異なります!

 

生活歯であれば、象牙質自体の色が原因ですが、

 

失活歯では、象牙質内の細管の中に入り込んでしまった

 

物質が変色の原因となります・・・

 

細管に物質が入り込む経緯は、歯をぶつけたりすると歯髄内で出血が起こります。

 

また、虫歯などで歯髄内に細菌が入り込むと、細菌をやっつけるために

 

リンパ球などが防御を働かせようとし、血流量が増加します。

 

 

歯の根の先部分の歯髄は細く、その歯に流入する血液より

 

流出する血液が少なくなると、硬い象牙質で覆われている

 

歯髄内の圧力は高くなり、やがて歯髄が死んでしまいます。。。

 

 

歯髄のお肉が壊れたものと血液中の鉄分が象牙質の細管に入りこみ

 

それが変性し、色が黒くなっていきます。

 

また、神経の治療をした時も同じように血液の成分などが

 

細管内に入り込むことで変色していきます。

 

 

 

 

当店のホワイトニングは、虫歯治療中の方や

 

神経が死んでしまった歯をお持ちの方でも

 

ホワイトニングを行なって頂けますので

 

お気軽にご相談ください。

 

 

 

【LINE】851gthyx