toggle

Blogブログ

【健康な歯茎はピンク色!】

こんにちは( ^∀^)

 

ホワイトニングサロン福岡天神店格安3回4,980円

です☆☆

 

健康的な歯茎の特徴とは?

歯周病予防でピンク色を維持しよう

 

赤みがかったり黒ずんだりした歯茎は、何らかの病気の前兆かも、、、

 

 

本来、健康な歯茎は引き締まった美しいピンク色をしています。

綺麗な白い歯と合わせて、健康的な笑顔を演出できるでしょう。

しかし、腫れて赤みがかったり黒ずんだりした歯茎歯の色、周囲にあまり良い印象を与えません。

 

◆歯茎の健康を脅かす物を知ろう

 

美しいピンクの歯茎を遠ざける原因としてまず、誤った歯磨きによる【察過傷】が挙げられます。

これは、誤った位置にブラシの毛先をゴシゴシと強く当てることで起こるものです。

歯茎が傷つくため出血や歯茎を痩せさせる原因にもなります。

 

また、喫煙によって歯茎が黒ずむことがあります。タバコに含まれるタールやニコチンなどの有害成分が歯茎に染み込むことで、歯茎が紫色や黒ずんで見えるようになるのです。

 

喫煙の習慣があると、タバコのヤニで歯が茶色く変色するなど、歯茎と歯の全体の健康と美しさを失ってしまいます。

 

◆歯周病予防で健康な歯茎を守ろう

 

健康な歯茎を保つには、まずは正しい歯磨きの方法をしましょう♪

歯磨きの際に気をつけるべき点は、口腔内にある【三大不潔域】を意識して磨くことです。

 

三大不潔域は次の3箇所です

・咬合面(噛む面)
・隣接面(歯と歯の間)
・歯頚部(歯と歯茎の間)

 

いずれも虫歯・歯周病予防に欠かせない部分であり、この3カ所をとくに意識して歯を磨くようにしましょう。これにより、虫歯や歯周病を予防しやすくなるのです。また、歯と歯の隙間など、隣接面にたまった歯垢は歯ブラシだけでは除去できません。歯ブラシだけで歯を磨いても、口腔内には60~70%ほどの歯垢が残っているとされています。つまり、実際には30~40%ほどしか磨けていないということがいえます。そのため、歯間ブラシやデンタルフロスなどの補助清掃用具の併用により、より多くの歯垢を取り除くことができるとされているのです

 

 

美しいピンク色の歯茎を守るためにも1本1本の歯を優しく丁寧に清掃し、口腔内環境を維持することが秘訣なのです。

 

 

 

 

 

当店はお電話やLINEからもご予約受け付けております♪

TEL092-762-5678

LINE【851gthyx】