【歯の痛みのメカニズム】

 

みなさん、こんにちは☆

 

ホワイトニングサロン福岡天神店です!

 

 

歯の表面はエナメル質で、その内側が象牙質、その中に歯髄があります。

 

エナメル質は、髪の毛や爪と同様に痛みを感じません

 

象牙質は、象牙細管という細い管が集まっていて、

その中は体の組織液が入っており、歯髄と交流しています。

 

この歯髄組織は神経や血管などで満たされており、

歯根の先に出入口があって全身と繋がっています。

 

象牙質が刺激を受けたり、この神経が直接刺激を受けたり、

歯髄に炎症が起きたりすると痛みを感じます。

また、歯根を包む歯根膜という組織も痛みを感じます。

 

歯根の周りが麻酔などで刺激を受けたり、炎症が起きたりすると

歯髄と同じような痛みを感じることがあります。

 

 

歯の痛みの種類は、大きく分けて2つあります。

①歯自体の痛み

②歯の周りの痛み

 

①は、虫歯や重度歯周病、歯の破折、親知らずがあり、

②は、歯肉や歯根膜、骨などの歯周辺組織に起こる歯周炎しよる痛みです。

 

 

歯が痛む場合は、できるだけ早く歯科医院で治療を受ける必要があります!

応急処置として痛いところを冷やしたり、鎮痛剤を服用したりするのも良いでしょう。

 

また、痛みを事前に予防するように、

日頃から口の中を清潔に保つよう心がけましょう!!

 

 

当店のご予約はLINEが便利です♪

【LINE】851gthyx

24hネットで簡単予約